HOMEお問い合わせ 

校長あいさつ

校長  小竹 聖一

 このたびは、新潟県立吉田高等学校のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 
 学校のある吉田地区は、南北に海岸線が長い新潟県の中央部(県央地区)に位置しており、現在、燕市となっています。吉田は、JR越後線と弥彦線の交わるターミナルとなっており、近年では、郊外の宅地開発も進んでいます。
 街の周囲には越後平野が広がり、西側には、校歌の一節にある「角田、弥彦、国上」の山々が、季節ごとに違った表情を私たちに見せてくれます。本校には、春先に、全校登山という学校の伝統行事があり、生徒は、この行事を3回経験することで、この山々にすべて登ります。
 
 本校は、昭和37(1962)年4月に県立吉田商業高等学校として開校、以来約40年間にわたり地域の産業界を支える中核となる人材を多く育成してまいりました。平成15(2003)年より県立吉田高等学校と名称が変わり、コース制を取り入れた普通科高校へと生まれ変わりました。「率先垂範」「熱と気魄」の校訓のもと、生徒個々の適性に応じた進路実現を支援するとともに、学習・学校行事・課外活動への積極的参加を促すことによって、活気
にあふれた学校づくりを進めています。
 平成30(2018)年度に発足した「吉田高校サポート協議会」と連携し、インターンシップや職場見学を実施する等、地域と連携した活動、時代の要請に応える新たな取組にチャレンジすることを通じて、将来地域を支え、地域の発展に貢献する人材の育成を行うことにより、「地域から信頼され、愛される学校」で有り続けることを目指しています。

 今後とも、皆様のご支援とご協力をよろしくお願いいたします。